創立者

公益財団法人 岩佐教育文化財団
代表理事
岩佐 実次 (いわさ みつぐ)

1949年滋賀県生まれ。早稲田大学卒業(心理学専攻)。 株式会社リソー教育(東証プライム上場)創立、現在取締役会長。 公益財団法人 岩佐教育文化財団の設立後は、 奨学金給付や社会課題解決に挑む人々の支援にも取り組む。


活動実績

当財団の前身である「リソー教育岩佐財団」は、日本の将来を担う次世代育成を目的として平成22年11月12日に設立されました。東日本大震災復興支援活動をはじめ、全国各地の被災地支援、被災学生の奨学育英事業に継続的に取り組んできました。 ※平成25年5月24日に公益財団法人へ移行
岩佐個人としては、岡山県・千葉県・滋賀県の紺綬褒章を受章しています。
令和4年3月29日には、「岩佐教育文化財団」として定款・名称変更。環境保護や平和活動、医療分野で社会に貢献する人を応援したいとの想いを原点に、さまざまな活動に取り組んでいきます。



2011年(平成23年)~
東日本大震災復興支援活動
義援金寄付および被災学生対象の給付型奨学生制度
2012年(平成24年)~ 国境なき医師団への寄付
2017年(平成29年) 熊本地震義援金寄付・被災学生支援
2018年(平成30年)~  ドクターヘリ賛助
2019年(令和元年) 岡山県紺綬褒章(西日本豪雨被災者支援)
2020年(令和2年) 早稲田大学栄誉賛助員(コロナ禍学生支援)
2020年(令和2年) 千葉県紺綬褒章(大雨被害被災者支援)
2021年(令和3年) 滋賀県紺綬褒章(滋賀琵琶湖汚染対策)
2022年(令和4年)~ 一般学生対象の給付型奨学生制度(高校生・大学生)

岩佐教育文化財団について